スポンサーリンク

韓国のコンビニで韓国国内宅配を送ってみた!費用や利用方法まとめ!

未分類
スポンサーリンク

はじめに

いつも韓国国内で配送する際には郵便局を利用していますが、今回韓国のコンビニから荷物を送ったのでそれについて記事を作成してみようと思います。私も本当に忙しい日に荷物を送らなければならないことがあり、郵便局まで行く時間も・・・ということで以前から気になっていたコンビニを利用してみました。

「コンビニで宅配を利用するメリット」
・24時間受け付けてもらえれる。→登校前や出勤前、お昼休みなどに行くことができる
・郵便局よりも店舗数が多い。
・반값택배といって書籍や衣類などに限り1600ウォン~2100ウォン程度という安価で利用できる。

コンビニ宅配の利用方法 事前準備編

①専用サイトで宅配予約(GS)
予約をせずにコンビニの機械で直接入力して受付もできますが、時間節約のために事前に宅配の登録をしてからコンビニに行きました。

①-1
一番上の国内宅配予約(국내택배예약)を選択。
書籍や洋服などを安く送りたい場合は半値宅配予約(반값택배예약)という2番目のボタンを押します。

①-2
会員登録をするとクーポンをもらえるようです。
会員登録をしなくても非会員としても予約ができるので好きな方を選択します。

①-3
約款に同意し、また送り主や受け取り人などの情報を入力していきます。

①-4
すべて入力が完了し「宅配予約」の完了ボタンを押すと受付番号が現れました。
GS25以外にもGS25ザフレッシュ(スーパー)、ララブラ(ドラッグストア)でも受け付けをしてもらえるという記載がありました。

ここまでで予約は完了しました。
予約番号をもって私は家から近いGS25(コンビニ)へ行きました。

コンビニ宅配の利用方法 コンビニでの受付編

コンビニに到着するとこのような機会が設置されてあるところを探します。
※ごく一部の店舗ではないこともありますが、最近はほとんどのコンビニで宅配が送れるようになっています。

②-1
事前登録をした場合は非会員、会員どちらであっても会員受付(회원접수)というボタンを押します。
すると予約番号の入力画面が出てくるので先ほど事前予約した際に最後に出てきた番号を入力します。

②-2
重さを秤にのせて計測します。
計測が終わると自動で料金が算出され表示されます。
私は4200ウォンでした。

②-3
ボタンを押して送り状を印刷します。

②-4
送り状をもってレジへ行き、お支払い。これで完了です。控えをもらえるのでそれをもとに追跡サイトで追跡も可能です。

えぎ
えぎ

とても簡単でした!

配送日数

午前9時ごろコンビニで引き取ってもらい翌日には受取人のところへ届きました。
参考までに釜山→京畿道です。
宅配会社はこの時、韓進宅配(한진택배)でした。

まとめ

この大きさを郵便局で送る場合、事前登録なしで4000ウォン・事前登録ありで3880ウォンと郵便局の方が実はお得です。しかし、通勤や通学で郵便局のあいている時間(韓国は午前9時~18時/荷物受付は16時~17時半が締め切りのことが多い)に郵便局へ行くのが難しいというときにコンビニ宅配はとても便利です。また夜22時頃に出しておいても翌日の集荷にまとめてもらえるので夜に出すのもいいですよね。今日の記事も参考になれば嬉しいです。

https://www.cvsnet.co.kr/main/index.do ◀GS宅配予約ページ(韓国語)

タイトルとURLをコピーしました