スポンサーリンク

【雑誌代節約】楽天マガジン登録方法!31日無料お試し!/CanCamに私のコメントが載りました!

韓国生活

 

スポンサーリンク

はじめに  

 

実は2023年1月号CanCamの韓国美容特集で取材をして頂き、私のコメント等が掲載されました。 

えぎ
えぎ

本当にありがとうございます。

 

今回は表紙が2種類あるそうです。

たくさんに人に読んで頂けたら嬉しいです。

きむこ
きむこ

無料で読める方法も紹介しているよ!

楽天ブックスで買う 

 

楽天ブックスなら送料無料  

送料無料なのが楽天ブックスの魅力。

本屋さんに行かなくても自宅に本を届けてくれて時間も交通費も節約に。

記念に購入したいのですが表紙が今回は2種類なので迷ってしまいます。 

 

えぎ
えぎ

せっかくなので特別号のSixTONESの表紙にしようかな?

          


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CanCam (キャンキャン) 2023年 1月号 [雑誌]
価格:789円(税込、送料無料) (2022/11/22時点)


 

 

 

天マガジンに登録する 

 

楽天マガジンとは?

 

雑誌のサブスクリプション(通称サブスク)「楽天マガジン

楽天が運営する雑誌に特化したサイトで月額418円で雑誌が読み放題というサービスです

年額にすると1ヵ月330円(1年3960円)で利用ができて、また初回の年額プラン申込で楽天ポイントが1000ポイント獲得できるお得すぎるプランもあります。 
 

→実質250円程度に!

女性誌・男性誌・趣味や旅行・ビジネス・おでかけやグルメ・アイドル誌などあらゆるジャンルの雑誌が 

そろっており、数は1000種類以上に及びます。  

 

 

・月に1冊以上雑誌を読むだけで紙の雑誌よりお得 

・いつでもどこでもスマホで気軽に読める 

・読んだ雑誌を処分する必要がない 

・最大7台まで同時に読める 

・ダウンロードすればオフラインでも読める 

・楽天ポイントが貯まる

  

\月額418円が31日間無料・解約自由

 

 

実際にどんな雑誌があるの? (一例)  

個人的に気になった雑誌をピックアップしてみました。  

 

 

 

  

 

 

アイドル誌は一部肖像権の関係で人物が塗りつぶされていることがある

他にも登山・バイク・カメラ・文房具などマニアックな雑誌も取り扱われており、 

読める雑誌の多さからコスパの良さが評価されています

 

えぎ
えぎ

韓国に関連した雑誌もありました!

 

こんな人におすすめ! 

楽天ブックスはこんな人におすすめです。 

 

チェック

・利用料金を安く抑えて雑誌が読みたい人 

毎月読む雑誌がある方は特に1冊読むだけで元がとれてしまうので
コスパ抜群。月に418円で1000冊以上読めるのは最高です。 

  

・1人で使う人  

別端末で雑誌を読む際に履歴が残るため、 

他の家族とアカウントをシェアする場合は注意。  

1人で使う方がいいかもしれません。  

・楽天系サービスをよく利用する人

利用料金を楽天ポイントでも支払い可能。 

また楽天ポイントも貯まります

・移動時間が長い人

出張や旅行などで移動がある方は雑誌をダウンロードすれば 

ネット環境がなくても雑誌が読めます。 

携帯の容量が増えるので読んだら消すようにしましょう。

・バックナンバーを読み返したい人

先月の雑誌を買いそびれた!そんなときも楽天マガジンでは過去の雑誌も
取り扱いがあるので読むことができます。

 

楽天マガジンの登録方法  

楽天マガジンの登録方法は5分程度で簡単にできちゃいます。 

 

STEP① 「楽天マガジン」のトップページにアクセスする。

 

STEP② 楽天にログインする 

STEP③ 楽天マガジンの料金プランを選択する。

STEP④ 決済(楽天ポイント利用可能)

これで完了です。5分程度で簡単にできちゃいます。

楽天マガジンを31日間無料でお試し 

無料期間が終わったあとは自動で課金されますが、 

31日以内に解約すると完全に無料で雑誌を読むことができます。 

旅行雑誌や料理雑誌などもあるのでぜひお試しください。

 \ここから無料で見てみる/

 

楽天マガジンの解約方法 

①楽天マガジンのメニューボタンをクリック 

②ご契約内容の確認・変更をクリック 

③下へスクロールし、「解約ページへ」を探してクリック

④解約処理に進む→解約を完了するをクリック

以上です。

 

まとめ

1000種類以上のいろんな雑誌が読める楽天マガジンが旅行や出張移動中などの

隙間時間にも有効活用ができそうです。

私のコメントが載っている2023年1月号も読んでみて頂けると嬉しいです。

 

\ここから公式ページを見てみる/

 

タイトルとURLをコピーしました