スポンサーリンク

釜山旅行中にコロナに感染したら?対処法をシュミレーションしてみた!

釜山旅行お役立ち情報
スポンサーリンク

はじめに

 私のインスタグラムのフォロワーさんにも「来月釜山に行きます!」「9月に釜山に行きます!」とメッセージをくださる方が増えてきました。観光ビザはまだ必要になるものの、少しずつ日本から韓国へ渡航される方々が増えていることを身近に感じる今日この頃です。
そして、皆さんの心配事はただ1つ「韓国でコロナにかかったらどうしよう?」ということです。
私自身、日本に帰国する際のコロナ検査はドキドキです。これで陽性になったら飛行機に乗れない…。
ましてやフォロワーさんのように旅行中の滞在先でコロナ感染となるとさぞ不安な気持ちになると思います。「コロナになるかも。でもまさか自分が。」私自身、今年コロナに感染したときに思ったことです。これから韓国旅行(釜山旅行)を予定されている方のために韓国でコロナ感染時の対処法についてシュミレーションしてみることにしました。

えぎ
えぎ

釜山に絞って具体的にシュミレーションしたいと思います。

①飛行機をキャンセルする&滞在先を予約する

まず帰国予定だったフライトをキャンセルします。
できるだけ早く。。。変更可能なチケットな場合は日にちを変更しましょう。

そして滞在先を予約します。
少し前までだと感染者隔離施設として釜山・海雲台の東横インなどが提供されていましたが、今はその施設が閉鎖となり、ほとんどのホテルが一般旅行者向けに予約をうけつけるようになっています。
そこで私は関係者に

えぎ
えぎ

外国人感染者が宿泊できるホテルのリストなどがありますか?

と問い合わせを行いました。すると、

「いえ。そういったリストは持ち合わせておらず各自でAirbnbなどを通して滞在先を確保してもらうことになります」

という回答がありました。

きむこ
きむこ

なかなか厳しい!

釜山の場合はNAVERに「부산 확진자 숙소」と検索すると滞在可能な1週間短期ワンルームの情報が出てくるので検索してみてください。ほとんどが釜山の不動産屋さんが出している情報で、不動産屋さんにショートメールまたは電話での問い合わせが必要になるので韓国の携帯番号が必要になります。
ワンルームの場合は寝具などがなく自分で確保しなければなりません。

②隔離生活1週間


釜山には各区に保健所があり、管轄の保健所から連絡が来ます。
滞在先が決まったら保健所に連絡します。※やはり韓国の携帯番号が必須


韓国では現在(2022.8.5)コロナ感染者は1週間の隔離義務があります。

ここで困るのはご飯をどうするかだと思います。
これは保健所の人に相談してみましょう。
(今は追跡もなく、少し緩和されているのでおそらく外出許可がもらえて買い出しに1回行けるはずです)
出前は日本のクレジットカードに対応していないところがほとんどです。

③隔離終了後、陽性の場合は釜山領事館に連絡し、領事レターをもらう

コロナに感染すると2週間は陽性反応が出ると言われています。
(私は感染時1週間で陰性になりました)

日本に入国の際は現在、PCR検査の陰性証明書が必要です。


でも2週間も陽性反応が出たら無症状なのに飛行機に乗れない⁉
私は以前このようなケースでアメリカやシンガポールから日本への入国で「領事レター」を発行してもらい無事に日本にしている方を見かけました。

領事レターとは何?
以下、在フィリピン日本大使館ホームページ引用。
日本への出発(フィリピン出国)前に、現在無症状であるにもかかわらず二度以上陽性判定を受けている方に対し、例外的な措置として、「陰性(検査)証明書が取得困難であることを確認する」旨を記した領事レターを、大使館・総領事館から発行することとしますので、最寄りの公館(下記3の連絡先)をご選択の上、下記2の書類をメールにて、出国前2営業日以上の余裕をもってご提示いただきますようお願いします。(その際は、必ずご都合のよいお電話番号をお書き添え願います。)


「検査(陰性)証明書が取得困難であることを確認する」旨を記した領事レターは、日本側検疫当局の承認を受けて発行するものであり、航空機への搭乗や日本への入国そのものを保証するものではないと書かれていますが、ほとんどこれで日本へ入国できるはずです。
意外に発行してもらっている人は多い・・・。
最短1日~2日で発行してもらえますが土日は領事館おやすみです。

<領事レター発行のための必要書類>※フィリピンの場合
(1)氏名、生年月日、電話番号(必要事項を確認させていただくことがあります。)
(2)日本帰国・入国の真にやむを得ない理由
(3)パスポート(人定事項ページ)の写し
(4)当国・地域の基準による隔離(療養)期間を従過し、感染症から回復後であることを証明する医療機関・地方自治政府等からの診断書(回復証明書)の写し
(5)上記(4)の期間終了後に受検した、陽性のPCR検査証明書の写し
(6)日本帰国・入国のためのフライト情報(eチケットの写しなど)
  ※フライト未定の場合には、仮の出発予定日をお伝えください。また予約確定後にお伝えください。
 

隔離が終わったら、釜山にある日本領事館へ問い合わせまたは訪問してみてください。

住所
18 Gogwan-ro, Dong-gu, Busan
부산광역시 동구 고관로 18
釜山地下鉄1号線チョリャン駅5番出口から徒歩4分

電話番号
0514655101 ※日本語通じます。

9時~12時
13時30分~17時
※土日祝日 休み
※12時~13時30分は昼食時間なので館内には入れません。
※領事館では入口で何をしに来たか韓国人の警備員さんに必ず聞かれ、荷物チェックや金属探知機チェックがあります。

えぎ
えぎ

日本人スタッフの方もいらっしゃるので
日本語で対応してくれて用事で領事館に行くたびに安心します。

④飛行機予約&搭乗→日本へ

日本に帰国する飛行機を予約しましょう。(領事レターが必要な人は申請するときにフライト情報が必要)

陽性反応が出なければ、普通のPCR検査で陰性証明書を発行してもらえばOKです。
隔離が終わっても陽性が出るようであれば上記に紹介した領事レター発行の手続きに入るのがよさそうです。
領事レターも陰性証明書と同様にチェックイン時に見せてチェックインします。

⑤MySOSサイトの登録も忘れずに

日本に帰国する際にMySOSアプリをインストールして登録する必要があります。

コロナ感染で忘れそうですが、こちらも登録を忘れずに。

コロナ渦での渡韓で持っておきたい持ち物

①韓国携帯電話番号付きSIMカード
韓国に知り合いがいない場合は特にもっておいた方がよいものです。
コロナにかかったら携帯番号が必須です。(入国の際も必要と聞きました)
購入の際は、携帯がSIMフリーか確認しましょう。大手携帯会社で購入した機種はショップでSIMロック解除手続きをしておきましょう。

▼探した中で一番無難な韓国の電話番号取得可能SIMカード
韓国旅行前に日本で受け取りができます。30日用は安心ですね。
他にも7日用や14日用もありました。
3日用+10日用を組み合わせるのも◎

②コロナ簡易検査キット
気休めで持っておきたいキット。不安な方は荷物に忍ばせておいてほしいです。




※簡易キットで陰性でもPCRで陽性ということはあります。

また、韓国の薬局でコロナ検査キット(約1000円)を取り扱っている場所もあるのでチェックしてみてください。時期によっては売り切れが多発するのでご注意を。

③エポスカード
海外旅行好きの間ではすでに有名なこのクレジットカード。
短所をあげるとするとカスタマーサービスの電話がつながりにくいこと。

海外旅行保険が自動付帯で、旅行中に病気になったり、カメラを壊したりいろんな海外旅行中のトラブルをサポートしてくれます。
コロナも補償対象になっています。
現時点ではコロナに感染した場合の治療費や延泊代も補償されるとのことです。


他のカードの場合、コロナに感染しても個人旅行の場合は補償対象外であることもあるので手厚いサービスです。
入会費も年会費も無料なので作っておいて損はないはずです。

ここから詳細を見る&申し込み

えぎ
えぎ

このエポスカードはお守りとして持っておいてほしいカード!
入会費も年会費も無料!

まとめ

いかがだったでしょうか?
コロナ渦で海外旅行を我慢された方もたくさんいらっしゃると思います。
釜山の情報を発信している私からすると早くたくさんの方に釜山に来てほしい気持ちです。
しかし、まだまだいろんな不安が・・・。

早くノービザ、陰性証明書不要になることを祈りつつ、これから渡韓される方の参考になればと思い記事を作成してみました。極論、渡韓1ヵ月前にコロナになって安心して来たほうがいいのではと思ったりもしてしまいます。しかし、コロナに感染しないことが一番!
楽しい旅になりますように。最後までお読み頂きありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました