スポンサーリンク

韓国でコロナにかかったら?国からのコロナ支援金や保険請求について。

家計
スポンサーリンク

ついにキム家全員コロナ罹患

こんにちは。ついにキム家にコロナがやってきました。
まず最初にかかったのはジュニア氏です。同じクラスで3人コロナに感染したようでどうやら保育園でコロナをもらってきたようです。当日朝ごはんもモリモリ食べて元気に登園したのですが登園して1時間とちょっと経ったこと先生から「熱が38.3度あります。咳も少ししているのでお迎えお願いします。」と電話がありました。そして自宅にあった簡易検査キットで検査をしてみたところ、陽性。そのあとその結果をもって保健所にPCR検査をうけにいきました。そしてジュニア氏はPCR検査も陽性→家族全員PCR検査をうけることになって受けた結果全員、感染していました。

ジュニア
ジュニア

39.3度熱が出ました。

<韓国の検査の流れ> ※2022.3.26現在
・自宅または病院で簡易キット検査→陽性の場合は保健所でPCR検査
・同居家族の中でコロナ感染者が出た→3日以内に保健所でPCR検査(家族の感染確認メール持参)

PCR検査の結果は検査の翌日、ショートメールで受け取ることができます。
陽性の場合はショートメールにあるURLから調査用紙を記入し、Web提出します。それには同居人の有無やワクチン接種の回数や日にちを記入する欄がありました。

保健所から来たコロナ陽性通知

このショートメールを受け取ってしばらくして区役所の担当の方からこれからの流れなどについて
電話連絡が来ました。電話の最後にはコロナ生活支援金についての説明もありました。





コロナ生活支援金

韓国ではコロナに感染すると生活支援金という名目で国からお金をもらうことができます。
それが2022年3月16日に金額が改定されたのですが、そちらについても見ていきましょう。

改定前コロナ生活支援金

<改定前のコロナ生活支援金金額>
家族の人数 1人 488,800ウォン(日本円で約48800円)、2人 826,000ウォン(日本円で約82600円)、3人 1,066,000ウォン(日本円で約106600円)というように家族の人数によって支援金がもらえていました。

支給対象外:役所で働く公務員や警察官、消防士、教師、郵便局員、鉄道会社といった国の指定する施設で働く者とその家族、海外からの入国による隔離者、有給休暇使用中の者
※韓国は郵便局や鉄道会社が国営企業

えぎ
えぎ

本人だけでなく、その家族ももらえないなんて!

と思っていたところ2月中旬にコロナ生活支援金支給対象者について改定がありました。

支給対象外は条件該当の本人だけとし、その家族には支給する。

これはありがたいですね。つまり4人家族の場合は本人を除く3人分をコロナ生活支援金としてもらうことができるということです。

が、しかし2022年3月16日コロナ生活支援金の金額が改定されました。

<改定後のコロナ生活支援金金額>

感染者1人 10万ウォン(日本円で約1万円)、2人以上 一律15万ウォン(日本円で約1万5000円)

キムさん
キムさん

かなり金額ダウンしました。
しかも2人でも6人でも金額は15万ウォンだけ!

隔離解除後に住民センターへ通帳と身分証明書を持っていけば申請が可能ですが、現在振り込みまで2~3ヵ月程度かかるとのことでした。

韓国のコロナ生活支援金が減額された理由

答えは簡単、感染者数が爆発しているからです。
直近1ヵ月は1日の感染者が20~30万人超え、60人万人まで上る日もありました。
生活支援金の支給対象者が増えすぎたことと今まで感染者の同居家族は陰性であっても全員隔離対象だったのですがその規則も撤回されたために、見直されたものだと思います。


えぎ
えぎ

韓国はコロナ感染者数の累計が1000万人を超えたそうです。
つまり韓国の人口5人に1人が感染している計算・・・。

どんどん変化する韓国の隔離規則

韓国の隔離規則はどんどん変化しています。
最初はコロナ感染者はその家族も含め14日間の隔離が必要でしたが、今はコロナ感染者本人のに7日間の隔離、同居家族はワクチンを接種していれば隔離も免除されます。14日という期間は10日に短縮され、さらに7日まで短縮されました。隔離解除前にPCR検査も必須でしたが、そちらも現在は免除です。
また以前は感染者の移動経路(カード社会の韓国ではカード使用履歴などをもとにする)をすべて把握し、隔離も自宅できちんとされているかアプリで監視されていましたが今はそれも廃止となりました。
2022.3.26現在はコロナ感染者は非対面(電話など)で薬の処方をうけることができ、自宅にバイクで配達されてきます。薬は無料でもらうことができました。(バイク配達代は自腹でした)

生命保険への請求について

日本でコロナにかかった友人たちの話によると生命保険で20~40万円ほど保険がおりたという話をききました。自宅治療であっても医師の管理下などであれば入院と見なされるそうです。
では韓国ではどうなのか?

入院または生活治療センターで過ごした場合にのみ支払われるそうです。

えぎ
えぎ

残念(´;ω;`)


保健所からの支給品 (2022.3.26現在)

保健所からの支給品(子供用)は風邪薬シロップ、体温計、簡易コロナ検査キットでした。
以前は食料の支給等もありましたが今はある地域とない地域があるようです。

保健所からの支給品
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピジョン 耳チビオン 1個
価格:4359円(税込、送料無料) (2022/3/26時点)


まとめ

・国からのコロナ生活支援金は感染者1人の場合10万ウォン、2人以上の場合一律15万ウォン(身分証、通帳を持参の上、住民センターで申請可能)
・隔離は感染者本人が7日間。同居家族はワクチン接種者の場合免除、未接種者は7日間隔離。
・現在は感染ルートの追跡を行わず、隔離者本人の現在地把握も国は行っていない。
※2022.3.27


コロナ対策を頑張っていた韓国ですが、結果は感染者数爆発&規則改定が続いているのが現状です。
1年前からは考えられないほどシンプルな規則になりました。韓国のコロナ生活支援金などについて少しでも理解いただけた部分はあるでしょうか?
幸いにも私は鼻詰まり程度の超軽症でしたが、もう誰が感染してもおかしくない状況。読者の皆様もどうかコロナにかかられないことを祈っています。

タイトルとURLをコピーしました