スポンサーリンク

【韓国で働く】結婚移民が韓国で仕事探し/在宅ワーク/韓国の職業訓練/求人等

韓国生活情報

スポンサーリンク

はじめに

韓国・釜山に来て早4年が経ちました。

現在は3歳児を子育てをしながらカバンのネットショップを運営しています。

話は少し逸れますが、日本でも韓国映画「82年生まれ、キム・ジヨン」が公開され、話題になっていました。

私は韓国でこの映画を見ました。
とても女性の人生というものを考えさせられ、特に結婚後の女性の仕事のキャリアという点は1番考えさせられました。

きっと韓国に引っ越してきた結婚移民は日本で仕事をしていて結婚のタイミングで退職→韓国移住というケースが多いのではないでしょうか。

えぎ
えぎ

一番考えたのは仕事のことかも。

個人的な話になります。

私は日本での社会人経験が3年しかありませんが、会社員としてやりがいのあるお仕事をさせて頂きました。

ですが結婚を機に退職し、ある日どこの組織にも所属しなくなって会社員という肩書きがなくなったわけです。
私はなぜかそのときとても孤独でとても怖かったです。
結婚して新しい生活が始まるのに・・・。

結婚の話が出たとき、私は韓国で何をしようか?ととても考えました。

結婚で韓国に引っ越すのですが仕事のことが心配です。


最近同じような相談を数件頂きました。
みんな同じ悩みを持っているんだなと実感しました。


「子供もほしい、でも仕事もしたい。外国に住みながらどうしよう?」

ネットショップの構想はかねてからありましたが、

日本語教師にも興味があり日本で日本語教師養成講座を約1年かけて受講し修了しました。



実際に韓国移住してすぐ(引っ越しして3週間後)に日本語教師のお仕事をフリーで始めしばらくの間、

実は日本語教師をしていました。

外国で働くということは想像通りたいへんです。
でも私の場合はとても楽しいです。

もしかしたら私のように結婚後も韓国で働きたい!という方がいらっしゃるかもしれないので参考になればと思い記事にしてみます。

韓国での結婚後の仕事について

ではまず、どんな働き方があるのか?ということをピックアップして書き出してみます。

・日本語教師
・通訳/翻訳
・起業
・飲食店
・美容師やトリマーなどの専門職
・会社員
・フリーランス(動画編集、プログラミング、ウェブデザインなど)

1.日本語教師

日本語の塾やフリーランスとして個別指導 形態はさまざま。

特別な資格は不要ですが、日本語養成講座420時間を修了していたり日本語能力検定試験合格者であると優遇されます。

えぎ
えぎ

なぜ「行く」の過去形が「行った」になるのかなど文法的な説明ができるようになる必要があると思います。

日本で会社員時代に受講しました。
日本語教育養成講座の受講料はぶっちゃけ高いです。 


私はネットで完結するコースしかなかったため、そちらを受講しましたが、
ここは通常授業(オンライン、通学から選択)に加え、実技授業や検定対策もあるのでおすすめです。

東京・大阪にのみありますがやはり通学ができるのであれば通学した方が身につくと思います。


私が日本語教師になろうと調べていたときには探しきれていませんでしたが、今ならここにしたいです。

こちらから無料カウンセリングや無料のプロ講演会があるのでを申し込んでみてください。

費用は55万円~58万円程度、期間は半年~1年かかります。


またこちら日本の教育訓練給付制度の対象講座であるため講座終了時に最大10万円の支給をうけることができ実質40万円台で受講が可能です。月々で考えると45万円(55-10)÷12ヵ月=3.75万円!

給付金をうけるために日本にいる時に講座を終えて韓国移住するのが理想です。

えぎ
えぎ

高いけど手に職をつけるなら頑張れる金額ではないでしょうか?


2.通訳/翻訳

整形外科での通訳

旅行通訳

フリーランスとして翻訳

ある企業に所属し社内通訳翻訳専門として働く など形態はさまざま。


最近は韓国のウェブ漫画翻訳の需要が増えています。

3.起業する

私はここにあてはまります。
株式会社や合同会社を設立または個人事業主になることでビジネスをスタートさせる。

4.飲食店

正社員やアルバイト、パートタイム 形態はさまざま。

5.美容師やトリマーなどの専門職

これは雇われとして働く場合です。
ネイリストやアイリスト、美容師、トリマーなどいろいろありますね。

自分でお店を持つ場合は起業・個人事業主になるかと思います。

韓国の資格が必要です。

薬剤師・医師・獣医師・看護師などは韓国の大学を卒業卒業して韓国の免許を取る必要があります。

6.韓国一般企業へ就職

韓国で会社員として働く

ここに書いたのはあくまで一例です。

他にも日本人ということを生かして働くなら

日本人産前産後マッサージ師

日本人ベビーシッター
日本人ネイリスト
日本人アイリスト
日本人着物着付け師
日本人パティシエ

は特に地方都市で需要があると思います。

ただ、私の住んでいる釜山にいたらいいなという個人的主観が入りますが。

今回はやや結婚移民の中でも女性寄りのお話になっています。

結婚移民(F-6)は働くことに対してほとんど制限がなく、様々な仕事に挑戦することができます。


起業するのも韓国人と同じように可能です。

韓国の就職成功パッケージについて

就職成功パッケージ
就職難といわれる韓国ですが国が準備してくれた就職のためのプログラムがあり、就職の相談・国費での資格取得・就職斡旋等 就職を応援してくれます。

えぎ
えぎ

どのプログラムを受講するかはカウンセリングで決定します。

私はたまたまバスの広告で見つけましたが日本のサイトで検索すると実際にこの制度を利用したという方のブログも発見しました。


国が支援してくれるというのがとてもいいですね。


他にも女性就職応援プログラムもあると地下鉄のチラシで見たことがあります。こちらも国が支援してくれて結婚移民も応募可能なようです。

내일을 위한 고용노동부 – 고용노동부가 밝은 미래를 열어드립니다www.moel.go.kr

プログラム一部例

IT系(情報処理、CAD等)、介護系(介護福祉士等)、調理師、建築系(タイル施工・壁紙施工、図面設計)等、美容系(皮膚管理師、ネイルアート等)etc…
ここでは紹介しきれないほどコースはたくさん用意されています。

このパッケージのすごいことは中には職業訓練をうけながら月50万ウォン貰えるプログラムもあということです。

韓国で結婚移民者が仕事をみつける方法(被雇用者)

1.コネスト
韓国に住む日本人の中では有名な韓国情報サイトです。
「働く」というジャンルがあり、ここに求人が載っています。

2.サラミンジョブコリアなどの韓国求人サイト
韓国人が仕事を探すときに使う求人サイトです。アルバイトは알바몽などアルバイトに特化した求人サイトがあります。

こちらのブログ記事にさらに詳しく書いています。

3.ネイバーカフェ
ネイバーカフェにもパートやアルバイトの情報が載っています。


これは最近知りました。主婦パートを募集しているところが多い印象でした。


4.知り合いの紹介
人脈が大事といわれる韓国。ひょんなことから就職につながることもあるそうです。

日本の在宅ワークを見つける

日本のサイトから韓国で働ける在宅ワークを探してみるのはどうでしょうか?

子供を育てることを考えると在宅で仕事をしたいというママといると思います。
在宅ワーク(フリーランスのお仕事)を探せるサイトを紹介します。

リクナビNEXT ※無料会員登録後に見られる求人があります。
ココナラ ※無料会員登録後に出品(翻訳やイラストなどあり)
クラウドワークス おすすめ
Workship
ランサーズ

Bizseek

※今後も追加予定

ブログやYouTubeに挑戦する


YouTubeに至ってはスマホさえあれば初期投資0円で始められます。

ブログもとてもおすすめです。
有名ブロガーの方々は月5万円は大丈夫という言葉に半信半疑でしたが


月3万円は普通に目指すことができるとブログをしながら思いました。

特に韓国の地方はまだコンテンツも少ないため需要が出てくるかと思います。
ただし、この2つはすぐにお金を稼ぐことはできないということ!
コツコツ地道に頑張れる人におすすめです。


少ない初期投資で在庫も持つことなく頑張ることができます。


▼詳しくはこちらへ。

登録だけならばスマホでも10分程度で完了します。

えぎ
えぎ

インスタDMでブログ開設相談乗っています。

まとめ

私のように結婚後も韓国で働きたいと思われている方がどのくらいいるのかは分かりません。

一つ補足すると主婦も立派な職業です。

しかし、もし働いてみたいけど/就職したいけど勇気がないという方がいらっしゃったとしてこの記事がお役に立てれば幸いです。

挑戦したいなら挑戦しましょう。

これからも韓国で結婚移民の私たちが楽しくたくましく生活できますように。

▼今人気の女性専用IT/WEB系が学べるオンラインスクール
無料体験レッスンの申込ができます。
(勧誘なし)

タイトルとURLをコピーしました